街道の歩き方
  1. トップ
  2. 街道歩きの持ちもの
  3. 街道歩きのシューズ

街道歩きのシューズ

街道歩きは「歩く」ので靴が非常に大切です。 この記事では街道歩きに向いていないシューズ,向いているシューズについて考えてみたいと思います。

向いていない靴

登山靴

山道を歩くときは登山靴でもいいと思うのですが,街道歩きでは山道はそれほど多くはありません。 多いのは舗装路です。

登山靴は本格的になればなるほど舗装路を歩くのが辛くなります。 そりゃそうですよね,頑丈さであるとか足首の保護とか舗装路では邪魔でしかありませんから。

登山靴の例
登山靴の例,そもそもが重いし舗装路を歩くためのものではない

スニーカーや革靴など

かといって町中で履くようなスニーカーなどのカジュアルなシューズなども向いていません。 あと革靴とか。

10kmくらいならそういう靴でも別にいいんですが,20km,30kmはちょっと厳しいかなあと。 あちこちが痛くなったり故障を起こす原因になります。

スニーカーの例
スニーカーの例,こんな重い靴で長距離を歩くのは苦行でしかない

向いている靴

トレイルランニングシューズ

これが一番街道歩きに向いているのではないかと思います。 山道を走るためのシューズなので非舗装路でグリップがしっかり効きます。 しかも靴自体が軽いせいか,舗装路でも登山靴のようにしんどくありません。

防水タイプのものも多いですから,そういうのを買っておけば雨のときも安心です。

トレランシューズの例トレランシューズの靴底
トレランシューズの例,靴底に突起があるためグリップがきく

ランニングシューズ

また舗装路だけならランニングシューズもよいです。 やはり軽いですし長い距離を歩いても負担が軽いです。 ただ山道はちょっと不安があるので,山道を含む区間ではトレランシューズにやや劣ると感じます。

トレランシューズの例トレランシューズの靴底
ランニングシューズの例,トレランシューズと比べると靴底がかなり平ら,またトレランシューズよりも軽いものが多い

ウォーキングシューズ

すみません,ウォーキングシューズというものを使ったことがないのでよくわかりません。 ウォーキングに特化しているのなら街道歩きにも向いているのではないかと思いますが,一方でランニングシューズでいいんじゃないという感じもします。

結論

オールマイティーに使えるものであれば,トレランシューズがよいでしょう。 ただ山道がない舗装路ばかりの街道を歩くのであればランニングシューズでもよいと思います。

また靴は個人で合う合わないが大きいです。 クッション性とか中敷きとか好みの部分もあります。 何足かは実際に履きつぶしてみないとわからないところもありますので,トレランシューズやランニングシューズの中から自分の足に合いそうなものを試してみるしかなさそうです。 ですから実際の店で試し履きをすることをおすすめします。 またはAmazonのワードローブとか。

トレイルランニングシューズの一覧(楽天市場) ランニングシューズの一覧(楽天市場) Amazonプライム・ワードローブ