街道の歩き方
  1. トップ
  2. 街道歩きの持ちもの
  3. 街道歩きにスマートフォンは必須アイテム

街道歩きにスマートフォンは必須アイテム

スマートフォンは街道歩きに必須です。 今までの記事にも書いたように,街道歩きにはスマホの地図を応用するのがベストだと思うからです。 さらにカメラなどを持ち歩く手間も省けますし。

一方でバッテリーなど気をつけないといけないこともあります。 そういったことについて説明します。

メリット

地図として

詳細はこちらを参照→街道歩きの地図その1:どんな地図が必要?

カメラとして

最近のスマホカメラの品質はとても高いので,以前のようにデジカメを持ち歩く必要はありません。 望遠とか超広角とか変わったことをしようとしない限りスマホで十分です。 軽量化のためにもスマホをカメラ代わりにしましょう。

非常時の連絡手段として

街道歩きは人里離れたところを歩くなど登山っぽいことをする時もあります。 もしものときに119など救助を要請する手段として電話機は欠かせません。

またこれ以上は無理だからエスケープするという時でも,電車やバスの時刻表を調べたり,タクシー会社を調べて呼ぶためにスマホが必須です。

デメリットとその対策

バッテリー

モバイルバッテリーとカールコードタイプの充電ケーブル
モバイルバッテリーとカールコードタイプの充電ケーブル,なんにでも名前を書く悪い癖があります・・・

一番はこれです。 電池がなくなればただの板です。 特に地図を表示させながらカメラでパシャパシャ写真を撮っているとかなりの早さでバッテリーがなくなります。 使い方や機種にもよりますが,丸一日もたせるのは厳しいかと思います。

対策としてモバイルバッテリーを持ち歩くと良いです。 またこのモバイルバッテリーとスマホをつなぐ充電ケーブルは電話の受話器みたいなカールコードタイプのものがオススメです。 というのも普通のタイプでは,充電しながら使う時にコードが邪魔になるのですが,カールコードタイプならポケットなどから取り出してもビヨーンと伸びて,収めたらまた縮まるので地味に便利です。

また寒さがひどいとバッテリーの残量がまだ残っていても使えなくなることがあります。 温めれば回復するので,寒いときは使い捨てカイロで保温するなどしましょう。

モバイルバッテリー一覧(楽天市場) カールコードタイプの充電ケーブル一覧(楽天市場)

雨や衝撃

電子機器なので水に弱いです。 防水のスマホを買いましょう。

ただ経年劣化などがありますから,防水性能は過信しすぎない方がよいです。 防水タイプでもできる限り水には濡らさないようにしたほうが無難だといえます。

また落とすなどして衝撃を与えたら壊れることがあるので,ケースを付けて衝撃をできるだけやわらげるようにしたり,落下防止のストラップをつけるようにしましょう。

落下防止ストラップ一覧(楽天市場)

まとめ

このように街道歩きにはスマホが必須ですが,逆に電池切れや故障などで使えなくなると地図も使えない救助も呼べないということになり一気にピンチと化します。 そういうことが起こらないように,予備バッテリーや脱落防止ストラップなどをきちんと準備しておくことが大切です。