街道の歩き方
  1. トップ
  2. 街道ルート情報
  3. 石見街道のルート情報
  4. 可部~千代田のルート情報

石見街道:可部~千代田のルート情報

最終更新日:2024-04-15 21:32:00 ※ 街道ルート情報の見方はこちら
  • 赤/橙:ルート,見どころ
  • 黒/灰:難所
  • 黄:迷いポイント
  • 紫:アクセス/エスケープ
  • 青:休憩場所
  • 緑:宿泊施設

GPXファイルダウンロード (ジオグラフィカの使い方はこちら/Googleマップの使い方はこちらを参照)

基本データ

注:(往路)は可部→浜田方面、(復路)は浜田→可部方面を表す
距離 20.5km
累積標高 895m(往路)
669m(復路)
所要時間(4km/h) 07:00:00(往路)
06:40:00(復路)
石見街道:可部~千代田間標高グラフ

この区間の宿場

本地ほんじ 浜田藩が参勤交代で江戸へ行く際の2泊目が本地だった。[2]

見どころなど

可部峠 可部峠は「可部にゃ可部坂(可部峠) 市来で三坂 越木・赤谷なきゃよかろ」と馬子唄にもなった難所で、「マンサク峠」「馬糞峠」とも呼ばれていた。[4] マンサクとはシイラのことで浜田から塩漬けのシイラが運ばれたことから。 馬糞はその名のとおり馬糞が多かったことからきており、それだけ当時はにぎわっていたことがうかがえる。[1]
本地の本陣跡 非公開だが天保11年(1840)に建てられた本陣が残る。[3]

難所

可部峠 「可部にゃ可部坂(可部峠) 市来で三坂 越木・赤谷なきゃよかろ」と馬子唄にもなった難所。 可部側からの標高差は約600m、浜田側からの標高差は約300m

交通手段

手段 日中の本数 メモ
広電バス:上根・吉田線 可部駅前~上根峠 1時間に1本
中国JRバス等:広島・浜田高速バス 千代田西 1~2時間に1本
備北交通等:広島・三次方面高速バス 千代田IC 1時間に1~3本

その他メモ

参考資料

  1. ひろしま文化大百科 可部峠と石見街道
  2. 島根県邑南町の城跡 市木本陣跡
  3. awakin blog 安芸路散策・本陣のあった町本地
  4. 島根県邑南町の城跡 石州街道 石畳