街道の歩き方
  1. トップ
  2. 街道ルート情報
  3. 羽州街道のルート情報
  4. 森岳~鶴形のルート情報

羽州街道:森岳~鶴形のルート情報

※ 街道ルート情報の見方はこちら
  • 赤/橙:ルート,見どころ
  • 黒/灰:難所
  • 黄:迷いポイント
  • 紫:アクセス/エスケープ
  • 青:休憩場所
  • 緑:宿泊施設

GPXファイルダウンロード (ジオグラフィカの使い方はこちら/Googleマップの使い方はこちらを参照)

基本データ

注:(往路)は桑折→油川方面、(復路)は油川→桑折方面を表す
距離 15.9km
累積標高 363m(往路)
360m(復路)
所要時間(4km/h) 4:40(往路)
4:40(復路)
羽州街道:森岳~鶴形間標高グラフ

この区間の宿場

豊岡宿とよおか 豊岡宿は小規模な宿で檜山宿との合宿だった。 元々は金光寺川沿いにあり名前も根岸村だったが、人馬継立に便利のよい現在地に移転した。
檜山宿ひやま 檜山宿は桧山城の城下町。中世は秋田北部を支配した安東氏の居城で、江戸時代は多賀谷氏が城代として置かれた。

見どころ

羽州街道並木黒松 羽州街道と能代道(大間越街道)との分岐に残る街道松。樹齢約150年以上で三種町天然記念物。[1]
浄明寺のモミ 推定年齢240年のモミが残る。[2]
檜山追分旧羽州街道松並木 天和元年(1681)に藩によって整備された松並木で、現在も松が10数本現存している。秋田県指定史跡。[3]
鴨巣一里塚 一里塚が両塚・塚木とも現存している。

難所

交通手段

手段 日中の本数
JR奥羽本線 森岳、鶴形 1~2時間に1~2本

その他メモ

参考資料

  1. 三種町,『 広報みたね 2019年10月号 』,,2019年, P27
  2. 能代市 浄明寺のモミ
  3. あきた元気ムラ 檜山追分旧羽州街道松並木