街道の歩き方
  1. トップ
  2. 街道ルート情報
  3. 羽州街道のルート情報
  4. 大鰐~弘前のルート情報

羽州街道:大鰐~弘前のルート情報

※ 街道ルート情報の見方はこちら
  • 赤/橙:ルート,見どころ
  • 黒/灰:難所
  • 黄:迷いポイント
  • 紫:アクセス/エスケープ
  • 青:休憩場所
  • 緑:宿泊施設

GPXファイルダウンロード (ジオグラフィカの使い方はこちら/Googleマップの使い方はこちらを参照)

基本データ

注:(往路)は桑折→油川方面、(復路)は油川→桑折方面を表す
距離 15.9km
累積標高 182m(往路)
220m(復路)
所要時間(4km/h) 4:20(往路)
4:20(復路)
羽州街道:大鰐~弘前間標高グラフ

この区間の宿場

弘前城下ひろさき 天明8年(1788)に弘前を訪れた古川古松軒は農民の着る麻や木綿刺し子の美しさに驚いている。 逆に享和2年(1802)に訪れた伊能忠敬は粗末な扱いに憤慨している。 そのほか嘉永5年(1852)には吉田松陰も弘前を訪れている。[1]

見どころ

千代の松原 街道松が1本現存している。当時このあたりの松並木は「千代の松原」と呼ばれていた。 また、このあたりには藩主の御仮屋(宿泊施設)もあった。

難所

交通手段

手段 日中の本数
JR奥羽本線 大鰐温泉~弘前 1~2時間に1~2本
弘南鉄道大鰐線 大鰐~弘前学院大前 1時間に1本

その他メモ

参考資料

  1. 藤原優太郎,『 羽州街道をゆく 』,無明舎出版,2002年, P122-123