街道の歩き方
  1. トップ
  2. 街道ルート情報
  3. 甲州街道(甲州道中)のルート情報
  4. 甲斐大和~甲府のルート情報

甲州街道(甲州道中):甲斐大和~甲府のルート情報

最終更新日:2023-04-14 00:00:00 ※ 街道ルート情報の見方はこちら
  • 赤/橙:ルート,見どころ
  • 黒/灰:難所
  • 黄:迷いポイント
  • 紫:アクセス/エスケープ
  • 青:休憩場所
  • 緑:宿泊施設

GPXファイルダウンロード (ジオグラフィカの使い方はこちら/Googleマップの使い方はこちらを参照)

基本データ

注:(往路)は日本橋→下諏訪方面、(復路)は下諏訪→日本橋方面を表す
距離 21.8km
累積標高 190m(往路)
538m(復路)
所要時間(4km/h) 05:50:00(往路)
06:30:00(復路)
甲州街道(甲州道中):甲斐大和~甲府間標高グラフ

この区間の宿場

鶴瀬宿つるせ 鶴瀬宿は駒飼宿と合宿だった。
勝沼宿かつぬま 勝沼宿は峡東地方の物資集積地として栄え、宿場も大規模だった。
栗原宿くりはら 栗原宿の名前はこの地を治めた栗原氏に由来する。4と9の付く日には市が立った。 十返舎一九の『金草鞋』では栗原宿の茶屋が取り上げられている。
石和宿いさわ 石和宿は荒れ地に藺(い)が茂っていたことから「藺の沢」→「石和」と変化した。武田氏が躑躅ヶ崎に本拠地を移すまでは石和が本拠地だった。
甲府柳町宿こうふやなぎまち 甲府は武田氏の本拠地であり、武田氏滅亡後は甲府城の城下町として栄えた。 甲府柳町宿と呼ばれる由来は、甲府の柳町に宿の機能が集約されていたことによる。

見どころなど

聖観音堂 鶴瀬宿~勝沼宿間。歌川広重が境内からの景色を称賛している。
勝沼宿脇本陣跡 脇本陣の土蔵が残る。
勝沼宿本陣跡 大名などの宿泊があると、目印代わりに槍を立てかけていた「槍掛けの松」が残る。
仲松屋 勝沼宿内。江戸時代後期の東屋敷と明治前期の西屋敷の2軒からなる。仲松屋は当時質屋だった。
諏訪神社 勝沼宿~栗原宿間。境内の大ケヤキは樹齢約400年。
白山建岡神社 勝沼宿~栗原宿間。境内のフジは山梨県指定天然記念物。
石和宿本陣跡 本陣の土蔵が残る。

難所

交通手段

手段 日中の本数 メモ
JR中央本線 甲斐大和、石和温泉駅~甲府 駅によって異なる
JR身延線 善光寺~甲府 1時間に1~3本

その他メモ

甲府→甲府大和は上りが続き標高差が約350mあります。

参考資料