街道の歩き方
  1. トップ
  2. 街道ルート情報
  3. 石見銀山街道(大森~尾道ルート)のルート情報
  4. 大森~粕渕のルート情報

石見銀山街道(大森~尾道ルート):大森~粕渕のルート情報

※ 街道ルート情報の見方はこちら
  • 赤/橙:ルート,見どころ
  • 黒/灰:難所
  • 黄:迷いポイント
  • 紫:アクセス/エスケープ
  • 青:休憩場所
  • 緑:宿泊施設

GPXファイルダウンロード (ジオグラフィカの使い方はこちら/Googleマップの使い方はこちらを参照)

基本データ

注:(往路)は大森→尾道方面、(復路)は尾道→大森方面を表す
距離 18.1km
累積標高 889m(往路)
939m(復路)
所要時間(4km/h) 6:40(往路)
6:40(復路)
石見銀山街道(大森~尾道ルート):大森~粕渕間標高グラフ

この区間の宿場

見どころ

旧河島家(武家屋敷) 河島家は大森代官所に勤めた役人だった。1800年代初頭に建てられた家屋が残る。大人200円、火曜休館。
いも代官ミュージアム(石見銀山資料館) 大森代官所跡に建っており、石見銀山の歴史や文化についての展示がある。大人550円、火・水曜休館。
熊谷家住宅 熊谷家は町年寄を務めるなど、大森で影響のある家だった。1801年(享和元年)に建造された家屋が残る。大人520円、火曜休館。
箱茂のお松 当時このあたりは立場(休憩場所)で「箱茂のお松」と呼ばれる松があった。現在の松は3代目にあたる。ある魚売りが行商から帰るたびに女房に箱茂のお松のことを「お松が」と話していたところ、女房が「お松」を浮気相手と邪推して呪いをかけて枯らしたという伝説が残る。
やなしお道 国の史跡で歴史の道百選にも選ばれている。全長約7km。名前の由来は、多くの塩を運んだことにちなむ「八名塩」。文献での初出は天正9年(1354)だが、南北朝時代にはすでに使われていたようだ。戦国時代には毛利氏の石見への侵攻路としても使われた。 やなしお道沿いは銀の精錬に使用する木炭生産地で、現在もコナラが主体の山林となっている。
十王堂跡 茶屋もあった。辺りは竹林だが、街道は版築工法でつくられたため、竹が生えていない。
茶縁原 三瓶山がよく見える場所。
水溜場跡 やなしお道沿いに数か所残る水溜場跡の一つ。共用のため池として利用され、人馬の飲み水にもなっていた。
茶屋屋敷跡 馬に水を飲ませた水溜場が残る。
一里塚跡 一里松の切り株と塚の跡が残されている。
大名石 荷物置場として使われていた「荷置き石」の一つ。

難所

八名塩坂 約1Kmで標高差300mある。当時からここは難所として知られ、人足賃の割増も認められていた。 坂の途中には旅人の休憩場所だった荷置石なども残されている。

交通手段

手段 日中の本数
石見交通大田広島線 大森代官所跡 1日2本
石見交通大森線 大森代官所跡~上佐摩 1時間に1本
石見交通粕渕線 君谷別府・美郷町役場前 2時間に1本

その他メモ

参考資料