街道の歩き方
  1. トップ
  2. 街道ルート情報
  3. 旧山陽道(西国街道)のルート情報

旧山陽道(西国街道)のルート情報

※ 街道ルート情報の見方はこちら
地図上の黄色いマーカーをクリックしたら各ルート案内へジャンプできます
旧山陽道:全体標高グラフ
旧山陽道全体の標高グラフです,総距離約590km

ルート情報

※主要駅または約20km前後ごとの鉄道駅などで区切ってあります,カッコ付きの宿は半宿であるなどやや微妙な感じの宿です
区間 宿場など
京都~高槻 山崎宿
高槻~北伊丹 芥川宿,郡山宿,瀬川宿
北伊丹~三宮 昆陽宿,西宮宿
三宮~西明石 兵庫宿,大蔵谷宿
西明石~加古川 (大久保宿)
加古川~姫路 加古川宿,(御着宿)
姫路~相生 姫路宿,(鵤宿),正條宿,片島宿
相生~三石 有年宿,有年峠船坂峠
三石~香登 三石宿,片上宿
香登~岡山 藤井宿,岡山宿
岡山~清音 板倉宿
清音~小田 川辺宿,矢掛宿
小田~神辺 (今市宿),七日市宿,高屋宿,神辺宿
神辺~松永
松永~三原 今津宿,防地峠,尾道宿,三原宿
三原~本郷
本郷~西条 本郷宿,瓦坂峠松子山峠,四日市宿
西条~瀬野 大山峠
瀬野~広島 海田市宿
広島~廿日市 広島宿,廿日市宿
廿日市~玖波 四郎峠,玖波宿
玖波~新岩国 苦の坂峠小瀬峠,関戸宿,(御庄宿)
新岩国~米川 欽明路峠,玖珂宿,高森宿
米川~徳山 中山峠,(今市宿),呼坂宿,(久保市宿),花岡宿,(久米宿),(遠石宿)
徳山~防府 徳山宿,(富田宿),福川宿,椿峠,(富海宿),浮野峠,(浮野宿),宮市宿
防府~新山口 (岩渕宿),(大道宿),小郡宿
新山口~厚狭 (山中宿),船木宿,(厚狭宿)
厚狭~小月 吉田宿,蓮台寺峠,(小月宿)
小月~下関 長府宿,赤間関宿

旧山陽道の概要

山陽道は古代は都と大宰府を結ぶ最重要の街道でしたが,近世では江戸から離れてしまっているため五街道に準ずる脇街道となってしまいました。 しかし西国大名の参勤交代路で,長崎と江戸とのルートであるなど重要な街道であることには変わりはありませんでした。

一方でやはり東海道などと比べると見劣りがするのも事実です。 例えば宿場にしても「東海道五十三次」のように宿場が大規模でなくはっきりとしていません。 上記リストのものは主な宿場で,この他にも宿泊施設のない半宿や,半宿にしては大きいけれど本宿ではなさそう・・・などといったものがたくさんあるので正直どこまでリストアップすべきなのか大いに迷うところです。

また街道の呼び名についても「これでもか!」というくらいたくさんあります。 中国路というのが幕府の正式名称のようですが,この他にも山陽道,中国街道(中国海道),西国街道(西国往還),筑紫往還など。 地方から視点の名称として上方往還,江戸往還といったものもあります。 ちなみに私の住んでいる広島では「山陽道,西国街道」あたりが使われることが多いです。

そんなですから始点と終点についても諸説あり,幕府的には東海道の続きということで大阪~下関間を指すようですが,古代山陽道にならって京都~下関とすることもあります。 この場合京都~西宮は狭い意味での西国街道と呼ぶようでまさにカオス,調べれば調べるほど訳がわからなくなる有様です。 いろいろと考えた結果このサイトでは京都~下関ルートを取り扱っています。

また山陽道というと現在では山陽自動車道を指すことが一般的であるため,当サイトでは「旧山陽道」と書いています。

参考文献・サイト

参考文献

参考サイト